装具

義足に合う靴とは?日常生活を支えるおしゃれな靴【ブランド3選】

😞義足の靴で悩んでいる方

義足をはいている。
義足に慣れても、日常生活で不便に感じることがある。
家の中と外出時で立ちやすさが変わってしまうのが気になる。

義肢装具士の人から、靴底の踵が高くないフラットな靴がいいと言われた。
フラットな靴って、具体的にどんなものがあるんだろう。
義足に合うおしゃれな靴、見つけたいなぁ。

このようなお悩みがある方へ。

✔当記事の内容

・義足に合う靴とは?日常生活を支えるおしゃれな靴
・おすすめのブランド【3選】

私は病院にて、義足を取り扱っている経験がございます
医療国家資格を所持しており、大学院では人と物の動きの研究をしていました。
私は人と物をつなげるプロです。

当記事では、義足に合う靴や、おすすめの靴のブランドに関してお話しております。
義足の靴で悩んでいる方は、ぜひご覧ください!

義足に合う靴とは?日常生活を支えるおしゃれな靴

義足をはいて日常生活を送っていると、靴を脱いだ時にバランスが取りづらくなることがございます。

この問題は、義足のパーツを変えたり、靴を変えたりすることで改善することができます。

ご説明させて頂きます!

義足での日常生活と靴

義足での日常生活の中で、良くお聞きする不便に感じることがございます。
それは、靴を脱ぐとバランスが取りづらくなるということです。

一般的な靴は、つま先よりも踵が少しだけ高くなっています。
義足の調整ではこの高さを考慮して、パーツの角度を行っています。

そのため、靴を脱ぐと踵が浮いている、つま先立ちのような状態になってしまいます。
バランスが取りづらくなるのは、これが原因です。

このように、靴を脱ぐとバランスが取りづらいというお悩みは義足ユーザーの多くの人が抱えております。

こういったお悩みに対する解決策は、主に2つございます。

・角度調整できるパーツを使う
・靴底がフラットな靴を履く

それぞれご説明しますね!

角度調整できるパーツを使う

解決策の1つは、自分で義足の角度調整ができるパーツを選択することです。
自分で角度調整ができれば、靴を脱ぐときに角度を調整すればいいですからね。

自分で角度調整できるパーツは、いくつかございます。
代表的なパーツとして、2つ挙げておきます。

・【オズール社】プロフレックスLPアライン
・【ナブテスコ社】ランウェイ

ハイヒールを履く機会があるのであれば、こういったパーツ選定がほぼ必須となります。

ですが、デメリットもいくつかございます。
まず、そもそも切断場所によってはパーツの大きさから使うことができない場合がございます。
また、角度を変える機構にスペースを使っているため、他のパーツに比べるとその分歩行面での機能が劣りがちです。
あとは、結局めんどうだから調整機能を使っていないなんて意見も聞いたこともあります。

パーツが使えるかは、担当の義肢装具士の方へ聞いてみましょう!

靴底がフラットな靴を履く

もう1つの解決策は、靴底がフラットな靴を履くことです。
それは、つま先と踵の高さが同じフラットな靴であれば、靴を脱いでも角度の影響がないためです。

そのため、靴を脱いでもバランスが取りづらくなることはありません。
特に、おうちの中で立って家事をする時間が長い方は、こうしたフラットな靴を履くことがおすすめです。
おうちの中での立ち時間が長いのにバランスが取りづらいのは、かなり負担が大きいですからね。。

また、フラットな靴を買ったら義肢装具士の方にパーツの角度を合わせてもらいましょう。

靴底がフラットなお靴を履けば、おうちの中でもバランスが取りづらくなることはなくなりますよ!

😞義足の靴で悩んでいる方
“フラットな靴は普通に売っているの?”




売っていますが、見つけづらいです。
というのも、靴屋さんのラインナップを見てみると、ほとんどの靴は踵が少し高い構造になっています。
やみくもに探すのは、かなり大変です。。

ですが、フラットな靴を多く販売しているブランドがございます。
こうしたブランド中心に探せば、かなり楽に見つかると思います。

次は、フラットな靴が多いブランドに関してお話しますね!

おすすめのブランド【3選】

義足には、フラットな靴が合うことが分かりました。

ですが、何の手がかりもなく探すと中々見つかりません。
そこで、フラットな靴が多いブランドを3つご紹介したいと思います。

・CONVERSE【コンバース】
・VANS【バンズ】
・CARIUMA【カリウマ】

それぞれ、詳しくご紹介しますね!

CONVERSE【コンバース】

CONVERSE【コンバース】は、フラットの靴が多くバリエーションが豊富です。

コンバースのことを知っている方は、多いのではないでしょうか。
★のマークで有名なブランドです。

コンバースの靴はキャンパス生地が使われています。
特徴としては、軽くて丈夫、乾きやすいといったことが挙げられます。
義足ユーザーの方には、ぴったりの靴ですね!

注意点としては、ハイカットタイプのものは履きづらいかもしれません。
義足の足首の角度が決まっているため、ひもを緩めないと履けないと思います。
履きやすさを考えれば、ロータイプの靴が良いですよ。

コンバースは、フラットな靴が多いのでおすすめです!

VANS【バンズ】

VANS【バンズ】の靴も、フラットな靴が多いです。

コンバースと比較すると、生地が厚めで、少しどっしりとした印象がございます。
また、価格は比較的お手頃です。
シンプルなデザインのものが多く、色んな服装に合わせやすいのです。

バンズも、フラットな靴が多いのでおすすめです!

CARIUMA【カリウマ】

最後に取り上げるのは、CARIUMA【カリウマ】というブランドです。
このカリウマの靴は、全てフラットな靴底となっていて、おすすめです!

ただ、このブランドをご存知の方は、少ないのではないでしょうか。

というのも、そもそもリオ発のブランドで、最近日本に入ってきたみたいです。
もともと海外で注目されているブランドですね。

特徴としては、全ての靴が手作りで作られております。
使っている素材はすべて天然素材であり、カラー展開が豊富です。

その割に価格はそんなに高くなく、ローカットの靴であれば¥8,000~12,000ほどです。
価格帯としては、コンバースとバンズの中間ぐらいでしょうか。
日本ではネット注文のみの対応となりますので、ご注意くださいね。

カリウマは、全てフラットな靴なのでおすすめですよ!

【CARIUMA】リオ発、世界行き。 

【まとめ】おしゃれな靴で、不便を無くそう!

義足は靴の踵の高さを考慮して、パーツの角度を決めています。
多くの靴は踵が高いため、靴を脱ぐとバランスが取りづらくなります。
この対策として、「角度調整できるパーツを使う」あるいは「靴底がフラットな靴履く」が考えられます。

靴底がフラットな靴は、靴屋さんで見つけづらいです。
そこで、おしゃれでフラットな靴が多いブランドを紹介しました。

「コンバース」「バンズ」「カリウマ」
この3つのブランドです。

それぞれ特徴がありますので、気になるブランドから選んでみてはいかがでしょうか?

当記事が、義足の靴で悩んでいる方の手助けになれば、幸いでございます。

-装具

© 2021 モノツナ