マットレス

マットレスが柔らかすぎる時の改善策【シートを敷くだけではNG】

😞マットレスで悩んでいる人

朝起きた時に、肩こりや腰痛が残っている。
なかなか改善しない。

マットレスが柔らかすぎるのが原因かなぁ。
何か上に敷いたりして、対策できるんだろうか。
新しいのを買わないといけないのかなあ。
どうなんだろう。

このようなお悩みがある方へ。

✔当記事の内容

・マットレスが柔らかすぎる時の改善策
・最善策は少し硬めのマットレスに変えること

私は病院にて、慢性的な肩や腰の痛みや、脊椎疾患の患者様に関する器具を取り扱ってきた経験がございます
医療国家資格を所持しており、大学院では人と物の動きの研究をしていました。
私は人と物をつなげるプロです。

当記事では、マットレスが柔らかすぎる時の改善策に関してまとめてあります。
マットレスでお悩みの方は、ぜひご覧ください!

マットレスが柔らかすぎる時の改善策

マットレスが柔らかすぎるのは、カラダにとって良くありません。
それは、寝返りがしづらかったり、体幹部分が大きく沈み込んだりするためです。

そのため、マットレスが柔らかい状況から抜け出すための改善策が必要です。

マットレスが柔らかすぎる場合の改善策は、3つございます。

・マットレスを裏返す(両面仕様の場合)
・「マットレス・トッパー(高反発)」を使う
・バスタオルを敷く

私は、この3つの改善策を組み合わせることをおすすめします。

それぞれ、ご説明いたします!

マットレスを裏返す

マットレスの改善策として、マットレスを裏返して使うのは良いでしょう。
それは、マットレスの裏面の方が硬い場合があるためです。

裏面の硬さに関しては、今使っているマットレスによって様々です。

バネやコイルの入っているタイプであれば、裏面は結構硬いことがございます。
むしろ硬すぎるので、この次の紹介する「マットレス・トッパー」と合わせて使うと良いでしょう。

クッションタイプであれば、裏面はヘタリの影響が少ない場合がございます。
この場合は、ただ裏返して使うのも有効だと考えられます。

マットレスが柔らかすぎる時の改善策として、マットレスを裏返すという方法がございます。

「マットレス・トッパー(高反発)」を使う

マットレスの改善策として、「マットレス・トッパー」を使うのも良いと思います。
それは、柔らかさを誤魔化すことができるためです。

そもそも、「マットレス・トッパー」はご存知でしょうか?
あまり聞きなれない名前かと思います。
簡単に言えば、厚いマットレスパッドのようなものです。
厚みは、およそ4~10cmと、商品によって異なります。

使うマットレス・トッパーは、高反発のウレタン素材のものが良いでしょう。
低反発のものは体が沈み込むため、マットレスが柔らかすぎる場合にはおすすめできません。

少し硬めのマットレス・トッパーを敷いてあげれば、マットレスの柔らかさを誤魔化すことができますよ。

肩~骨盤の下にバスタオルを敷く

マットレスの改善策として、肩~骨盤の下にバスタオルを敷くのも良いと思います。
それは、肩~骨盤のいわゆる体幹部分の沈み込みを改善できるためです。

人間の身体の重さは、上半身で70%もあり、下半身は30%の重さしかありません。
そのため、柔らかすぎるマットレスを使うと、重たい肩~骨盤の体幹部分が沈み込んでしまうのです。

そのため、肩~骨盤の下にバスタオルを敷くと、沈み込みすぎるのを改善することができます。

😞マットレスで悩んでいる人
“どれかの改善策だけをすれば完璧なの?”




これらの改善策を、組み合わせて使うこともおすすめです!
1つだけ行うよりも、3つの改善策を合わせて使うことでより改善することができますよ。

ですが、1番効果的な対策は、マットレスを変えることです。

今ご紹介した3つの対策は、100点満点の対策ではなく、あくまで“改善策”です。
それは、ベースのマットレスが柔らかいことは変わらないためです。
柔らかいマットレスの上に何かを敷いても、カラダの沈み込みは完全にはなくすことはできません。

最善策は少し硬めのマットレスに変えること

マットレスが柔らかすぎる場合の改善策を、3つご紹介いたしました。

ですが、できるのであれば、マットレスを少し硬いものに変えるのが望ましいです。
それは、ベースのマットレスが柔らかすぎると、どうしても睡眠時の姿勢に影響が出るためです。

詳しくご説明いたしますね!

本当の意味で、マットレスを硬くすることは難しい

本当の意味で、マットレスを硬くすることは難しいです。
それは、いくら硬いものを敷いても、ベースのマットレスが柔らかいと姿勢に影響が出てしまうからです。

柔らかいベースがある以上、その部分が沈み込んでしまうことには変わらないのです。

また、体圧分散の視点からも、ベースに少し硬い素材があり、その上に柔らかい素材を載せるという構造が一般的です。
柔らかい素材の上に、硬い素材を乗せるということはありません。

そのため、マットレス自体を少し硬めのものに変えることが、マットレスが柔らかすぎる場合における1番の対策なのです。

少し硬めのマットレスを選ぼう

もし新しくマットレスを選ぶのであれば、少し硬めのマットレスを選びましょう。
それは、マットレスを柔らかくすることは簡単ですが、硬くすることは難しいためです。

詳しくは、「マットレスの寝心地を決める要素とは?【睡眠の改善のために】」の記事でご説明しております。

【まとめ】柔らかすぎるマットレスから抜け出そう!

マットレスが柔らかすぎるのは、寝返りがしづらかったり、体幹部分が大きく沈み込んだりしてしまいます。
睡眠の質の低下にもつながります。

こうした場合の改善策は、次の3つです。

・マットレスを裏返す(両面仕様の場合)
・「マットレス・トッパー(高反発)」を使う
・バスタオルを敷く

これら3つは、あくまで“改善”策です。
ベースのマットレスが柔らかすぎる状態では、どうしても睡眠時の姿勢に影響が出てしまいます。

最善策としては、「マットレス自体を少し硬めのものに変えること」が考えられます。
長年マットレスを変えていない方は、ご検討してみても良いかもしれません。

マットレスは、毎日数時間もカラダを支えているとても大切なモノです。
合わないマットレスを使い続けてしまうと、身体的にも精神的にも良くありません。

マットレスが柔らかすぎる場合は、ぜひ対策を行いましょう!

当記事が、マットレスでお悩みの方の手助けになれば、幸いでございます。

-マットレス

© 2021 モノツナ