マットレス

ヘルニアに良い寝方は人それぞれ【マットレスの選び方も変わります】

😞ヘルニアで悩んでいる人

ヘルニアを患っている
夜寝るときにつらい
痛みやしびれで夜中に目を覚ましてしまうことがある

症状がやわらぐ姿勢をキープしたい
どんな寝方をしたらいいんだろう。
ヘルニアに良いマットレスって、あるのかな?

このようなお悩みがある方へ。

✔当記事の内容

・ヘルニアに良い寝方は人それぞれ【マットレスの選び方も変わります】
・ヘルニアで、簡単にできる寝るときの対策とは

私は病院にて、ヘルニアなどの脊椎疾患の患者様に関するコルセットなどの器具を取り扱ってきた経験がございます
医療国家資格を所持しており、大学院では人と物の動きの研究をしていました。
私は人と物をつなげるプロです。

当記事では、ヘルニアの方が楽になる姿勢や、その姿勢に合うマットレスに関してまとめてあります。
ヘルニアで寝る時につらい方は、ぜひご覧ください!

ヘルニアに良い寝方は人それぞれ【マットレスの選び方も変わります】

ヘルニアは、人によって症状が楽になる姿勢が異なります。
一般的には反り腰姿勢の方が楽になると言われていますが、丸まり姿勢の方が楽な方もいます。
あなたの楽な姿勢によって、選ぶべきマットレスは変わります。

くわしくご説明いたしますね!

ヘルニアの症状が楽になる姿勢

一般的にヘルニアでは、反り腰姿勢のほうが症状が楽になると言われています。
ですが、実は人によって症状が楽になる姿勢は異なります。

①反り腰姿勢で楽になる
②丸まり姿勢で楽になる

それぞれ真逆の姿勢のように思うかもしれません。
ですが、それぞれの姿勢で症状が楽になる理屈がございます。
詳しくご説明させて頂きます。

※今回は、腰椎椎間板ヘルニアに着目してお話しております。

①反り腰姿勢で楽になる

反り腰姿勢を取ると、症状が楽になることがございます。
それは、椎間板の潰れが減るためです。

ヘルニアは、反り腰姿勢を取ると楽になると一般的に言われています。
これは、反り腰姿勢が“椎間板がつぶれにくい姿勢”だからです。

②丸まり姿勢で楽になる

丸まり姿勢を取ると、症状が楽になることがございます。
それは、骨による神経の圧迫が減るためです。

反り腰姿勢で、椎間板の潰れは減ります。
ですが一方で、反り腰姿勢は、腰椎が大きく湾曲することで神経が圧迫されやすい状態でもあるのです。
そのため、腰を丸めた方が楽になることもあるのです。

ただし、あまりに腰を丸めすぎると椎間板の中の髄核という組織がはみ出し、神経を圧迫したり炎症が起こったりしてしまいます。

自分が楽な寝方を見つけよう

まずは、自分が楽な寝方を見つけることが大切です。
それは、楽な寝方が分かればマットレスを選ぶ基準となるためです。

見つけ方は簡単です。
ベッドで横になって、股関節の曲げる角度を変えてみるだけです。
股関節を曲げれば腰が丸まり、伸ばせば腰が反ります。

自分にとって、腰椎がどれぐらい弯曲している状態が一番楽なのか。
これをしっかりと確認しましょう。

反り腰姿勢が楽な方は、硬めのマットレス

股関節を伸ばして寝るのが楽(反り腰姿勢が楽)な方は、硬めのマットレスがおすすめです。
それは、反り腰姿勢を維持しやすいためです。

硬めのマットレスは、腰やお尻の沈み込みが起きづらいです。
腰やお尻が沈み込まなければ、反り腰姿勢を維持できます。

柔らかいマットレスだと腰やお尻が沈み込み、丸まり姿勢となってしまうため注意しましょう。

反り腰姿勢が楽な方は、硬めのマットレスがおすすめです!

丸まり姿勢が楽な方は、柔らかめのマットレス

股関節を曲げて寝るのが楽(丸まり姿勢が楽)な方は、柔らかめのマットレスがおすすめです。
それは、丸まり姿勢を維持しやすいためです。

柔らかいマットレスでは、腰やお尻が沈み込み、自然と丸まり姿勢となります。
人間は、骨盤より上の上半身が体重の70%を占めています。
そのため、重たい腰やお尻が沈み込むのです。

腰やお尻が沈み込んだ状態は、股関節が曲がった状態とほぼ等しく、腰椎が丸まった姿勢となります。

注意点としては、沈み込みすぎると横向きの時に腰椎の負担が大きくなります。
あまりに柔らかすぎると寝返りもしづらいので、気を付けましょう。

丸まり姿勢が楽な方は、柔らかめのマットレスがおすすめです!

😞ヘルニアで悩んでいる人
“マットレスを変えたいけど、すぐには難しいかも…”




それでは、まずは簡単な対策をしてみてはいかがでしょうか。
次の項目では、簡単にできる対策を紹介致します!

ヘルニアで、簡単にできる寝るときの対策とは

すぐにマットレスを変えるのが難しい場合は、ここで紹介するすぐにできる対策をしてみましょう。
反り腰姿勢が楽な方・丸まり姿勢が楽な方、それぞれの対策をご紹介いたします!

反り腰姿勢が楽な方の対策2選

反り腰姿勢が楽な方が、すぐにできる寝る時の対策は2つございます。

①背中の下にタオルを敷く
②高反発の「マットレス・トッパー」を使う

①背中の下にタオルを敷く

背中の下にタオルを敷くと、反り腰姿勢になります。
それは、胸椎が持ち上がる分、腰が反るためです。

背中(胸椎)の下にタオルを敷くと、その分だけ腰の弯曲が強くなります。
ただし、タオルを厚く敷いてしまうと息がしづらくなるため、注意してください。
バスタオルを半分に折って敷くだけでも、だいぶ変わりますよ!

反り腰姿勢が楽な方は、背中の下にタオルを敷くと楽になります。

②高反発の「マットレス・トッパー」を使う

高反発の「マットレス・トッパー」を使うと、反り腰姿勢をキープしやすくなります。
それは、腰の沈み込みが抑えられるためです。

マットレス・トッパーとは、簡単に言えば厚めのマットレスパッドのことです。
ベッドが柔らかすぎるときなんかは、特にこの対策は有効ですよ。

丸まり姿勢が楽な方の対策2選

丸まり姿勢が楽な方が、すぐにできる寝る時の対策は2つございます。

①膝の下にタオルを入れる
②低反発の「マットレス・トッパー」を使う

①膝の下にタオルを入れる

膝の下にタオルを入れると、楽になります。
それは、股関節が曲がって丸まり姿勢となるためです。

注意点としては、横向き姿勢になったときにタオルが邪魔になることがあります。
なので、寝ている最中の対策としては不十分です。

ただ、寝つきが悪いのであれば、ひざ下にタオルを入れることは有効だと思いますよ!

②低反発の「マットレス・トッパー」を使う

低反発のマットレス・トッパーを使うと、丸まり姿勢を取りやすくなります。
それは、腰やお尻が沈み込むためです。

腰やお尻が沈み込めば、自然と丸まり姿勢となります。

マットレスが硬すぎたりする場合には、低反発のマットレス・トッパーが有効ですよ!

【まとめ】楽な姿勢を維持して、ヘルニアの症状を減らそう!

ヘルニアの方は、一般的には腰を反ると楽になると言われています。
ですが、中には腰を丸めた方が楽な方もおります。

反り腰姿勢・丸まる姿勢のどちらで楽になるかによって、選ぶべきマットレスは変わります。

反り腰姿勢が楽な方は、硬めのマットレスがおすすめです。
・丸まり姿勢が楽な方は、柔らかめのマットレスがおすすめです。

すぐにマットレスことが難しい場合は、タオルやマットレス・トッパーを活用してみてはいかがでしょうか。

ヘルニアは、楽な姿勢をキープできれば症状をやわらげることができます。

大切なのは、寝ている最中にその姿勢をキープすることです。
マットレスを変えることで、姿勢をキープしやすくなります。

一度、ご自身のマットレスや姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?

当記事が、ヘルニアでお困りの方の手助けになれば、幸いでございます。

-マットレス

© 2021 モノツナ