マットレス

マットレス・ベッドのサイズの選び方!【迷っているなら必見です】

マットレス・ベッドのサイズ選び

😞ベッドのサイズ選びで悩んでいる人
ベッドのサイズって、どれを選べばいいんだろう
サイズが大きい方が、睡眠の質が上がるのかな
2人以上で寝る場合には、どのサイズがいいんだろう
予算もあるし、お得に買いたいなあ

考えることが多すぎて、どのサイズが良いか分からない…

このようなお悩みがある方へ

✔当記事の内容

  • マットレス・ベッドのサイズの選び方!
  • ベッド・マットレスの各サイズの特徴
  • 【マットレス・フレーム別】3サイズの価格比率!
  • ベッド・マットレスのサイズの組み合わせ【2~3人の場合】
  • マットレス選びでは、サイズ選びを含めた「4ステップ」が必要

私は医療国家資格を所持しており、カラダに身に着ける医療器具の設計・フィッティングを行っております。
大学院では、人間工学に関する研究をしておりました。
私は、人と物をつなげるプロです。

ベッドのサイズ選びは、考えることがたくさんあります。
ですが、当記事の選び方を参考にすれば、迷わず自分にあったサイズを選ぶことができます!
ベッドのサイズ選びで悩んでいる方は、ぜひご覧ください!

マットレス・ベッドのサイズの選び方!

マットレス・ベッドのサイズ

マットレス・ベッドのサイズを選ぶ際には、考えることがいくつかあり迷いがちです。
ですが、しっかりと自分の要望を整理すれば、あなたに最適なサイズを見つけることができます。

マットレス・ベッドのサイズを選ぶ際には、最初にマットレスを決めることをおすすめします。

その他にも、気を付ける点がございます。

  • 前提】身長が175cm以上はロングタイプ
  • 【ポイント1】何人で寝るか
  • 【ポイント2】部屋に搬入できるか・置けるか
  • 【ポイント3】予算

それぞれご説明いたしますね!

マットレス⇒ベッドフレームの順番で決める

マットレス⇒ベッドフレームの順番で選ぼう

サイズを選ぶ際には、まず自分に合ったマットレスを見つけ、その後ベッドフレームを決めます。
その理由は2つあります。

  • マットレスは睡眠の質に大きく関わる
  • マットレスによってサイズ展開が限られる

マットレスは、睡眠の質を決める大切な寝具です。
そのため、まずは自分に合ったマットレスを見つける必要がございます。

また、マットレスによってサイズ展開が限られていることがございます。
特に大きなサイズを検討している方は、注意しましょう。

マットレスが決まった後に、ベッドフレームを決めていきましょう。

マットレスの選び方に関しては、「マットレスの選び方でお悩みの方へ!【資格者が4ステップをご提案】」をご覧ください!

サイズの種類と寝れる人数

よこ幅のサイズ用途
SS│ セミシングル(85cm)1人用
S│ シングル(95~100cm)1人用
SD│ セミダブル(120~122cm)1人用
D│ ダブル(140cm)1人用
Q│ クイーン(150~172cm)2人用
K│ キング(180cm)3人(大人2人・お子様1人)用

基本的に、セミシングル~ダブルは1人用、クイーンは2人用、キングは3人用となります。

“ダブルは2人用”と言われることもございます。
ですが、大人2人で寝るとかなり狭く感じるためご注意ください。

また、キングより大きいサイズが欲しい場合には、シングル×2つなど組み合わせて使うこともできます。
後ほど詳しくご説明いたします!

【前提】身長175cm以上の人は絶対にロングタイプ!

身長175cm以上の方は、ロングタイプを選ぶ

前提として、身長が175cm以上の方はロングタイプを選びましょう
それは、通常の長さでは足がはみ出してしまうためです。

たて幅のサイズ用途
通常タイプ身長175cm未満
ロングタイプ身長175cm以上

“身長175cmなら、20cmも余裕があるし大丈夫じゃない?”
そう思うかもしれませんが、実は違うのです。

  • 枕を置くスペースが必要
  • 寝ると重力から解放され、身長は伸びる
  • 寝ると足先が下がり、さらに余裕がなくなる

こうした理由がございます。
身長175cm以上の方は、迷わずロングタイプを選びましょう。

なお、ロングタイプでは、よこ幅のサイズ展開が限られるケースが多いため、注意しましょう。

【ポイント1】睡眠の質を大切にするなら1人1ベッド

睡眠の質を重視するのであれば、1人1ベッドにしましょう。
それは、2人以上が同じベッドで寝ると睡眠の質が下がりやすいためです。

1人1ベッドのメリット・デメリットは、次の通りです。

  • 〇寝返りしやすいため睡眠の質が上がる
  • 〇振動が隣に伝わらない
  • 〇風邪のとき、離れて眠れる
  • 〇選べるベッド・マットレスのラインナップが豊富
  • ×少しさみしく感じる
  • ×価格が高くなりやすい

1人1ベッドであれば、睡眠の質を確保しやすく、また風邪等のときにも対応できます。
家族で一緒に寝たいという方は、シングル×2や、シングル+セミダブルといった選択ならさみしくありませんよ。
デメリットとしては、少し値段が高くなりがちです。

あなたが睡眠の質を大切にしたいのならば、絶対に1人1ベッドがおすすめです。

【ポイント2】部屋に搬入できるか・置けるか

大きなサイズのベッドを購入する場合、部屋に搬入できるか・置けるかに気を付けましょう。
ダブルベッド以上のサイズを購入する際には、要検討です。

【ポイント3】予算の抑え方

予算を抑えるため気を付けるポイントは、2つございます。

  • サイズが小さいほど価格は安い
  • 2人以上で寝る場合は、ベッドを組み合わせると高くなる

基本的に、サイズが大きいほど値段は高くなります。

また、2人以上で寝る場合には、ベッドを組み合わせたほうが高くなりがちです。

セミシングルを2つ並べれば、キングの幅となります。

ですが、価格としては基本的には
セミシングル×2つ > キング×1つ
と、セミシングル2つの方が高くなります。

これは、ベッドフレームが複数必要となるためです。

同じ幅でも、組み合わせによって金額が変わります。
搬入に問題がなく、予算を抑えたいという方は要検討です。

ベッド・マットレスの各サイズの特徴

ベッドサイズは、主に6種類に分けられます。

ですが、商品によって少し幅の長さに違いがあるため注意しましょう。

SS│セミシングル【横幅:85cm】

セミシングルの特徴

セミシングルは、小柄な方や、寝室がとても狭い方におすすめです。

ただし、壁にくっつけると窮屈に感じるため注意しましょう。

2つ並べれば、キングとほぼ同じ幅になりますよ。

注意点

ラインナップが少ないため、選択肢が限られます!

S|シングル【横幅95~100cm】

シングルの特徴

シングルは、多くの方におすすめできるサイズとなっています。

通常の体型であれば、狭く感じることはございません。

2つ並べると、キングサイズより大きくなります。

また、非常にラインナップが豊富です。

“サイズがない!”
ということがないため、自分に合ったベッド・マットレスを選ぶことができます。

注意点

体型が大きい方は、セミダブルの方がおすすめです!

SD|セミダブル【横幅120~122cm】

セミダブルの特徴

セミダブルは、体型が大きい方・優雅に寝たいにおすすめです!

シングルより20cm大きい設定ですが、しっかり大きく感じます。

寝返りで落ちたりする心配なく、眠ることができますよ!

部屋の大きさと予算に余裕があるのでしたら、検討してみてはいかがでしょうか?

注意点

シングルサイズよりは、予算が高くなります。

D|ダブル【横幅140cm】

ダブルの特徴

ダブルは、1人用の最高級なサイズです!

ダブルベッド=2人用ではありません。
中には、ダブルベッドで2人寝れると考えている寝具店の方もいます。

ですが、ダブルベッドでは狭いという意見が非常に多いです。
睡眠の質・寝返り等の観点からも、2人での使用はおすすめしません。

注意点

ダブルベッド=2人用ではありません!

Q|クイーン【横幅150~172cm】

クイーンの特徴

クイーンは、2人用のサイズとなります。

クイーンは、セミシングル×2つよりも狭い幅となります。
また、価格も抑えられます。

2人で寝たくて、セミシングル×2つよりも価格・サイズを抑えたい方におすすめです!

注意点

クイーンといっても、2つに分割されていることが多いです。
ラインナップが少ないです。

K|キング【横幅180cm~】

キングの特徴

キングは、3人(夫婦+小さな子供)のサイズです。

キングもクイーンと同じく、分割されている仕様となっていることが非常に多いです。

キングは、3人で寝たい方におすすめのサイズです!

注意点

お子さんが1人で寝るようになった時、持て余してしまうかも?
ラインナップが少ないです。

【マットレス・フレーム別】3サイズの価格比率!

ベッドフレーム・マットレスの価格の比率

シングルの価格を基準として、主要な3サイズの価格比率を比較しました。
大手ブランドのみ抽出していますので、目安になるかと思います!

ベッドフレームの価格比率

  • シングル   1倍
  • セミダブル 1.2倍
  • ダブル   1.4倍

マットレスの価格比率

  • シングル   1倍
  • セミダブル 1.1倍
  • ダブル   1.2倍

ベッドフレームの方が、サイズによる価格差が大きいことが分かります。

つまり、大きいサイズの購入を検討する場合は、フレームの価格を抑えられるかが大切になります。

ベッド・マットレスのサイズの組み合わせ【2~3人の場合】

ベッドの組み合わせ

2~3人で寝ることを考えていますか?
その場合は、いくつかベッドの組み合わせが考えられます。

   ↑ 狭い

  • 【150~172cm】クイーン×1つ
  • 【170cm】セミシングル×2つ
  • 【180cm】キング×1つ
  • 【190~200cm】シングル×2つ
  • 【215~222cm】シングル+セミダブル

   ↓ 広い

もしも2つのベッドを組み合わせる場合には、「大きいパッド」や「隙間パッド」を使うことをおすすめします!

ちなみに我が家では、シングルベッドを2つ組み合わせて夫婦2人で寝ています。
スペースは取りますが、お互いストレス無く寝ています。
近いので、寂しくもありません!

マットレス選びでは、サイズ選びを含めた「4ステップ」が必要

マットレス選びの4ステップ

最初に、マットレス⇒ベッドフレームの順番で決めることが良いとお話しました。
そして、マットレスを選ぶ際には、サイズ以外にも考える要素があります。

そこで必要となるのが、次の「4ステップ」です!

  • 【ステップ①】種類を決める
  • 【ステップ②】サイズを決める
  • 【ステップ③】価格帯を決める
  • 【ステップ④】実際に使ってみる

詳しくは、「マットレスの選び方でお悩みの方へ!【資格者が4ステップをご提案】」の記事にまとめてございますので、ぜひご覧ください!

【まとめ】サイズ選びは慎重に!あなたに最適なサイズを選ぼう!

マットレス・ベッドのサイズ選びのまとめ

マットレス・ベッドのサイズを選ぶ際には、マットレス⇒ベッドフレームの順番で選びましょう。

そして、睡眠の質を大事にするのであれば、1人1ベッドがおすすめです。

サイズには、たて幅もあります。
身長が175cm以上の方はロングタイプが良いですよ。
足がはみ出してしまいますからね。

サイズには、セミシングル~キングサイズまで主に6種類ございます。
商品によって幅が異なることがあるため、注意してくださいね。

基本的に、サイズが大きくなるほど価格は高くなります。
寝る人数・部屋の大きさ・予算を考えて、サイズを選んでみましょう。

マットレス・ベッドのサイズ選びは、考えることが複数あります。
ですが、しっかりと自分の要望を整理していけば、あなたに最適なサイズを見つけることができます。
ぜひ当記事をご参考ください!

マットレス・ベッドのサイズ選びでお悩みの方の手助けになれば、幸いでございます。

-マットレス

© 2020 モノツナ